アダプター(LED照明への交換用継手)

日本照明工業会(JLMA)の照明成長戦略 “Lighting Vision 2030″の目標として、2030年における照明器具ストック市場のSSL(LED、有機EL、レーザー等の半導体照明)化率 100% が掲げられています。この達成により2006年の消費電力に対して、50%削減出来るというシナリオです。

添付のグラフは、非住宅用照明器具(屋内・屋外)のストック市場のSSL化率のシナリオを表していますが、昨年(2020年)では全体の53%となっています。当社が供給する屋外照明用ポールに取り付けられている照明器具もこの中に含まれると考えられますが、既存の従来照明をLED照明に交換する場合にはアダプターと称するポールと照明器具を接続するための接続部品が必要になります。

この時期はアダプター出荷の最盛期で、工場内はアダプターで溢れます。

 メッキ処理の終わったアダプター   

 

 

我々も微力ながら照明成長戦略を通して消費電力の削減に貢献しているということを実感します。

Follow me!